toggle
2018-12-27

オラクルカードからメッセージを受ける意味

こんにちは、Shihoです。

クリスマスが終わり、街はお正月カラーになってきました。

早いもので2018年も残り1週間を切りましたね。私も本日で仕事納め。今年も1年間お世話になりました。

オラクルカードとは?

ところでみなさま。オラクルカードはご存知でしょうか。

オラクルとは神託という意味で、神さまのお告げと理解していただくとわかりやすいです。

多くは1デッキ44枚からなるカードでして、最も有名かつカード自体に大きなパワーが宿っているのはドリーン・バーチュー先生のものです。


残念ながら、先のニュースでご存知の方もおられると思いますが、諸般の事情により、ドリーン先生の著作やカードは今後発売の目処がたっていません。現在持っている方は、貴重なものになるかもしれませんね。

もう新規募集はしておりませんが、私はオラクルカードリーディングのワークショップを5年ほどやっていました。古い方は現在も継続して行っており、もう何年も通ってくださっています。

何年も通うほどカードのひき方が難しいのか?と聞かれれば、答えはノーです。これは断言できる。カードにガイドブックがついているので、それを読めばどなたでもできます。

じゃあ、なんででしょう?

エゴからの選択

私たちは何かを選択するとき、どうしても頭の中から何かを編みだそうと努力をします。これは長年の習慣で、わからなければ調べて理解し、なんとなくわかった気になる。そして「自分にはこの程度で十分じゃないか」とか「常識的にはこんな感じでいいかな」なんて上限をつけてから、選ぶ。

これって一見良さそうでしょ?っていうか、おなじみのやり方というか。

実はこれこそが「エゴからの選択」というわけです。

こう書くと、「そもそもエゴって何よ?」って話になりますね。エゴ=ワガママなイメージあると思いますが。

心理学的な考え方でお話しますと、エゴとは、「あなた」を作り上げている観念の積み重ねと捉えるとわかりやすいと思います。あなたが成長する過程で獲得した大人からの教え、人間関係の中で感情を通して学んだものなどの蓄積があなたを形成し、そのままあなたという人のイメージになっています。本意不本意、真偽のほどは別として。

そうすると、容易に私たちは錯覚します。本来自由なはずなのに「こんな人間だから」と。

植えつけられた観念は、あなたという人間の思考は行動の深さと幅にそのまま反映されることになりがちです。もちろん良いこともたくさんあると思いますよ!一目置かれる存在になっていたり、周囲からから頼りにされたり。

ただ、悲しいのは、その制限の中で小さくなってしまうことなのです。

その幅を手軽に広げてくれるきっかけになるのが、意外や意外、オラクルカードなのですよ。私はこういう方々を本当にたくさん見てきました。

センタリングとグラウンディング

オラクルカードのひき方は簡単だと先にお話しました。では、どういうことを知らないと正確なリーディングに繋がらないのか。

それはセンタリングとグラウンディングという大切な意識と、「メッセージをいただく」という謙虚な姿勢&意図です。

何かを考えて答えを出す時、私たちは経験の範疇で答えを見つけがちです。ちょっと範囲を広げたとしても、自分の頭と心(感情)の中での作業になりがちで、出発点〜経由地〜終着点も、ほぼ自分の中にあると言っていいでしょう。

しかしながらカードに尋ねる行為は、この道筋が根本的に違います。

質問は自分がするので、出発点は自分。カードを通してメッセージを受け取るのですから、終着点も同じく自分。ところが経由地は、自分の外に出て、自分のセンターの延長線上高いところから得られる天界・宇宙からのメッセージを、地球に住む私たちが理解できる言語に変換して、自分のものにします。

センタリングというのは、自分の中心の延長線上に宇宙の中心があり、そこと常に繋がっていると意識してイメージすること。

そして、私たちがわかる形でメッセージを変換する作業がグラウンディングの力です。グラウンド(ground )=地上に置くの意。まさにメッセージを着地させて、実生活に生かしていくこと。

この2つがとても大切。

ここまでくれば、オラクルカードはチャネリングのためのツールの1つであると、おわかりでしょう。手軽にメッセージを受け取ることのできる、魔法の杖なのです。

今の自分に必要なメッセージを聞いてみる

例えば、今の私。やりたいことのアイデアがたくさんひろがっていて、それをスケジューリングしたり、優先順位をつけたり…と、それらを実現させるために生活に落とし込む準備に追われています。

自分の時間を上手に使えていないことに苛立つこともしばしば。おそらく「はやく進めたいのにできていない自分」を責めがちになっていたのだと思います。

そんな自分にメッセージが欲しいと、カードに聞いてみました。

最初にご紹介したカードです。向かって左が大天使ミカエルのカード、右がクリスタルエンジェルという、日本語版では最も新しく発売されたものです。

これら2枚からリーディングしてみました。

あんまり余計なことを考えて、自分を追い込まないで。未来に理想像を描き過ぎているようですよ。もう少し幅をもたせ、今という瞬間にフォーカスして一歩一歩進むことで道はひらけます。それを味わい過ごすことが、希望の将来を引き寄せます。

私はこのメッセージを受け取り、肩の力を緩めることができました。

自分のはるか高い位置から俯瞰する形のメッセージが届いていることがおわかりいただけると思います。

読み取るカードには文字、絵、色など、たくさんの情報がありますので、リーディングには慣れが必要ですが、決して難しくはありません。

あなたの生活に、ぜひオラクルカードを取り入れてみてくださいね。

Angels’cafeでは、毎月3名さま限定で無料リーディングをしています。

https://www.angelscafe.site/oraclecard-reading

ご興味のある方は体験してみてください★

関連記事
1