toggle
2022-10-26

いよいよ2022年最後の山へ

蠍座の日食新月、いかがでしたか。濃厚なエネルギーを感じられた方も多いのではないでしょうか。

私は昨日からとっても眠くて。眠だるいっていうの?身体に力が入らない感覚。実を言うと、蠍座シーズンは、個人的には苦手で(×ω×) なので、余計にシンドイんだと思います。

さて、11月に入ろうとしています。11月は今年1.2を争う緊張の月。特に7・8・9日が星の上でも気になります。8日は牡牛座の月食満月ですので、昨日の日食同様、今後半年間影響があるとも言われるほどの影響力があるんですね。

時代の変わり目、メルマガでは「断末魔」なんて表現もしましたが*笑、新しく生み出される前の盛大な膿出しが行われますので、私たちはそれに翻弄されがちです。集合無意識の領域で皆つながっていますから、どうしても影響されます。

なので、情勢をよく見つつ、感情的な決断をしないようにするのが、この時期の堅実な生き方と言えるでしょう。全体的には暗い気持ちになりがちですし、その中で感情がぶんぶん振れますから、どう考えても、そこで建設的なアイデアは生まれにくいですからね。「いや、ちょっと待って!」を口癖にするくらいで、ちょうど良いかもしれませんよ。

どんな時代になろうと真理は変わらない

急騰するものは急落し、スピードの早すぎるものは、その速度を維持できなくなるので、いずれそれを失います。力でねじ伏せる求心力も、その強すぎる分だけ、下からの跳ね返りも強い。陰陽の法則ですから、説明は必要ありませんね。

今、「縄文の世界への回帰」が望まれているのは、大きな争いが起こらず、恐ろしく長く時代が存続した【大調和】への帰依でしょう。私たちがよく知る世界は、力あるものが支配する構造で、俗にいうピラミッドです。ところが【大調和】の考え方だと、誰が上とか下とかではなく、単純に「役割分担」なんですよね。そこは2次元の平面の世界。

なぜこんなにも優劣をつけたがり、恐怖で支配するようになったのか….それは、とてもシンプルに言うと、縄文の時代に比べて私たちの霊性が失われている、あるいは失わせる流れにあるから、なのだと思います。

霊性を取り戻すにはどうすれば良いのでしょうか。

時代の再建のための方法論を探すことに終始せず、この大元のスピリチュアリティの回復を、大真面目に追求することに意味がある、と一人でも多くの方が気づくこと。

それが第一歩のように私は思いますが、あなたはどう思われますか?

◇◆————–————–———————

Angelcafe フレンド招待 ➡︎もれなく100ポイントプレゼント!初めてのご利用から100円OFFになります。 https://home.tsuku2.jp/invReg/000001882823

【スピ★星メルマガ】はじめました。➡︎ https://home.tsuku2.jp/mlReg/?scd=0000182200 月に3−4回のペースで配信しています。


◇◆————–————–———————

出展イベント【11/6 Beauty & Smile】➡︎  https://www.angelscafe.site/event

主催講座【あなたの知らない手相の世界】➡︎ https://www.angelscafe.site/catangel

大人気手相鑑定士による楽しい講座です!会場でもオンラインでもご参加いただけます。

 ▶︎12/3 横浜関内 @ シェアカフェ 泰生ポーチ http://www.taisei-po-chi.yokohama/

★オンライン・スピ講座 https://www.angelscafe.site/online-spi-course

★各種セッション https://www.angelscafe.site/session

◎お問い合わせ・ご予約は公式LINEまたはメールよりお願いします。

友だち追加

タグ:
関連記事