toggle
2020-01-21

ハートチャクラを温かさで満たす意味

気温は高めでも、風が冷たかった本日。明治神宮にてお参りしました。

我が家にはお神札とお榊だけのシンプルな神棚があるんですが、そこには、東京大神宮、十二社熊野神社、氏神様、明治神宮の4枚のお札をおまつりしています。ですので、毎年1月はこの4社+実家の氏神様と、5カ所の神社に参拝しているんです。

考えてみたら1月の31日間のうち、5日も神様の元へお伺いしているとは、なかなか神様づいてますよね(笑)

さて今日は、暫く温めていた内容、ハートチャクラについてお話したいと思います。

ハートチャクラとは

チャクラと聞いて、ピント来る方とそうでない方がおられると思います。チャクラとはあなたの身体のエネルギーセンター。総数で言うと200とも言われていますが、通常レインボーカラーで表されているのはそのうちの7−8個のメジャーチャクラを指します。

天然石の石霊さんのサイトがとてもわかりやすく、チャクラの形や繋がりを図解してくださっていますので、引用させていただきますね。

こんなふうになっています。

この図で言うと黄緑色の第4チャクラがハートチャクラになります。胸、心臓、肺(➡呼吸)、血管(➡血行)などがその管轄です。いわゆる私たちの生命線といえますね。感情だけを司っているわけではないことが、ここでご理解いただけたと思います。

私は数年前、獣医師であり偉大なヒーラーである高江洲先生に透視とリーディングをしていただき、実際に自分のハートチャクラの形を書いていただきました。そして何が理由でチャクラが歪(いびつ)になったのか、そのあたりもイラストとお話により教わりました。

よく「チャクラが傷ついている」という言い方をしますが、正直なところ、人間である以上、無傷で生きている人はいません。なので問題は傷があるかどうか、ではないんです。そして傷の大きさを他人と比較したり、その影響力の大きさを測ったりする ものさし も存在しません。仮にあったとしても、比べること自体 無意味ですし、全てはその方の「対応力」「キャパ」次第ということになります。

傷と言えば….余談ですが、苦労をたくさん経験しなければ成功できないと思っている人がけっこうおられるようですけど、それは全くの誤解ですからね。

で、私の場合は、リーディングしていただいた時の内容をずっと意識して、自分と対話し、不要なものを肩から下ろしてきましたので、とても楽になりました。そして、スピ的な表現になりますが、誰に何を言われようと、(良い意味で)自分を最優先にする癖付けをしてきましたから、自分の人生を生きる上でのターニングポイントとなりました。

ハートチャクラを温かいエネルギーで満たす

これほど大切なハートチャクラがうまく機能していない時、なんらかのエネルギー不足であることは間違いありません。そこで、どなたでもできる簡単なワークを動画でご紹介しますので、ご覧ください。

やり方を2つご案内していますが、無理なくできる方をお試しくださいね。

ね、簡単でしょ?

いかがですか?どんな感じがしますか?

先に引用させていただいた石霊さんのチャクラの図を見ると、そのエネルギーが身体をどのように通り、どのように広がっていくかイメージしやすいと思います。

また、「こんなことでハートチャクラが満たされるのか?」と疑問を持たれる方もおられるでしょう。こういうワークは、疑問を持っていてもやり続けることで、いつのまにか変化していくことが多いものです。「よくわかんないけど、ポカポカして温かいな」と好印象なら、ぜひ!

そもそも愛って何?

愛のチャクラと呼ばれる、ハートチャクラ。この場合の愛って、どんな愛を指すのでしょうか。

私は何よりも自分を満たすことが大切なので、「自己愛」だと考えています。自分を否定したまま(自己肯定感が低い状態で)、本当の意味での人助けは難しい。正確に言うなら、自分のことを後回しにしすぎる癖がある人は、早晩ストップ状態を経験することになってしまいます。なぜなら、自分にしていることを、他者にも要求してしまうのが人間の習性だからです。

日本人は自己犠牲を美徳と想う向きがあり、心が縮こまっている人がとても多いです。優しく辛抱強い民族性ですから、特性としては理解できますが、自分を大切にするという観点からは残念ながらよろしくない。

じゃあ、愛ってどうやって満たすのでしょうか。

私は、「温かさ」や「ありがたさ(感謝)」「守られてる感」を感じる自分のセンサーを磨いていくことだと思っています。動画でご紹介しているワークとは、実はそれを感じるためのものなのです。

このような感覚は使えば使うほど磨かれ、敏感になってきますから、ご自身の温かなエネルギーでハートチャクラを満たし、繰り返し感じてみてくださいね。

愛で満たすとどうなる?

ハートチャクラを温かさ(=愛)で満たしていくと、これまで当たり前だと思っていたことが、本当はそうではなかったことに気づき始めます。そして、誰かが人知れずあなたのためにしていてくれたことを、徐々にありがたいと思い始めます。

常に変化し続ける世の中にあって、当たり前のことなどあるわけはないんですが、私たちは「ずっとそこにある」「あって当たり前」「○○してもらって当然」と錯覚しているに過ぎないんですね。

なので、そんなことに少しずつ気づき、感受性がどんどん磨かれれば….

  • 自分に対して「いつも頑張っている私ってえらい!」と適切に褒め労る回数が増え…
  • 他者の何気ない行動に「ありがとう」という回数が増え…
  • 物言わぬ植物にも、なんらかの感情が芽生え…

こんなふうになったら、これまでの日常とはまるで別物になっていくのが想像できませんか?

愛は人から与えてもらうばかりではありません。まずは自分からです。自分が発して自分を満たすことからスタート。

この簡単なワークからはじめて、感じたことをメモしていくと面白いですよ。ポカポカ感を楽しんでくださいね。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1