toggle
2021-11-15

星読み〜月の考察

先日、星読み講座のお手伝いをしまして、改めてホロスコープは深いなぁと感じています。

月の取り扱いについては、かねてより疑問の多いところでして…、以前にブログで、マドモアゼル・愛先生の月に関する見解をご紹介したことがあります。➡︎https://www.angelscafe.site/archives/5483

ちょうど1年前だったことが驚きですが‼️

今日は月の解釈について書いてみようと思います。

そもそも月って?

月の名所では、池や湖に映したものを愛でると言います。「直視してはならない」という教えは、そういう形で伝えられたのかもしれません。魅せられて判断が狂ったり、現実味のない世界に引き込まれる、そんな妖しさを持つのが月ですよね。魔力というのかな。

太陽と月の二元性でいうと、太陽が顕在意識で月は潜在意識ですから、月を意識しすぎると、ただでさえ広く大きな潜在意識のパワーがさらに強くなり、現実世界に影響します。潜在意識は皆と繋がっています(集合的無意識)から、感情は伝播し、やがて大きなムーブメントになる可能性を秘めています。

また、私たちの体を表す漢字には月が使われていることから、地球という有限の世界を生きるために、仕組まれて?生まれた天体ではないか、と思ったり。

太陽と月の対比をすると、光・熱といったエネルギーを放つ太陽に対し、それらを吸収するのが月です。自ら発光することがない唯一の天体。ホロスコープには水星・木星など10天体が記されているけれど、そういう星は月だけ。

….そんな存在です。

「出生時の月星座が本来の自分」と聞いたとき、最初「あぁ、なるほど」と思った部分はありましたが、「いやほんとかな?」と疑問を持ちはじめまして、さらに星よみを学んでいったわけですが…

私と同じように感じておられる方も多いのではないでしょうか。

月の教科書を読んでみた!

で、先述の愛先生の『月の教科書』を読んでみました。kindle版もあります。

先生がYouTubeや講座などの中で、月の独自解釈をシェアされているのを知り、ずっと追いかけてきましたので、この秋に出版されるのを、心待ちにしていました。

「月こそが自分の本質」と信じている方には、はっきり言ってショックが大きいと思います。え?….って呆然としてしまうかもしれません。

ただ、私のように少しでも月の存在に疑問がある方には、ありがたい内容になっています。先生は「月は欠損」と言い切っておられるのですが、ちゃんと月に光をあたえる方法が書かれています。

そこにあった内容は腑に落ちました。ストンとお腹に落ちた感覚。

気になる方は、お手に取ってくださいませ♪

ごあんない&各種サービス

★イベントの詳細・ご予約はこちら ➡ https://www.angelscafe.site/event

ご予約受付中の出展イベントです!

12/18 夢マルシェ アリオ橋本(相模原)

★オンライン・スピ講座➡ https://www.angelscafe.site/online-spi-course

★各種セッション➡ https://www.angelscafe.site/session

★レイキ講座受講前体験会➡ https://www.angelscafe.site/archives/4720

◎お問い合わせ・ご予約は公式LINEまたはメールよりお願いします。

友だち追加

➡【メール】

関連記事