toggle
2019-01-11

2019年1月のGO!GO!新月とアピール満月

Shihoです。本年もよろしくお願いたします!!

業種によって違うのでしょうが、この月曜から仕事始めの方が多そうですね。

長いお休みも、普段と違う生活になりますから、リフレッシュどころかお疲れが出てしまうのでは?新年会も始まりますし、乾燥の厳しいシーズンなので感染症対策もしておきましょうね。

何はともあれ、2019年が動き出しました!

1月6日10:29 山羊座の新月は部分日食でした。

この時の星模様は、土星が支配する山羊座のお部屋第10ハウスは、目標を掲げ、社会における地位を確立する役割があります。このハウスに、太陽、月、冥王星、土星、水星が集まっていました。

山羊座は山の頂点を目指して進む、野心的なイメージで、とても勢いがあり、強いサインです。

まずはお仕事面でしっかり目標を立て、そこに向かっていく姿勢・態度を明確にし、必ずや成功するとの強い意図を月に宣誓するのが、山羊座新月の王道と言えるでしょう。わかりやすく昇進、昇格なんて最高です。

しかも部分日食。日食というのは物事の始まりと終わりを意味するのだそうですよ。

そんなわけで、食を伴う月相は、基本の意味合いが2ー3割増しだと思ってください!年の初めにもってこいの勢いですね。

ここで気になるのは冥王星の存在です。冥王星は自己変容、輪廻転生、深層無意識など、宇宙あるいは自分の中の深い部分と繋がっている星ですので、このタイミングでカルマのようなものを見ることになるかもしれません。

いろんな要素が詰まった新月でしたが、今日は11日。5日ほど経過しました。

みなさまはどんな新月をお過ごしでしたか?

1月21日14:17は獅子座の満月

さて、今度は、21日の獅子座の満月について。

獅子座といえば自己アピール、自己肯定感の高さ、そんなイメージがあります。人生の主役は「私」で、自分の存在価値を自分の内側にしっかりと自覚するのはもちろんのこと、外に向けての発信が得意だと言われています。

獅子座の支配星(おかあさん)は、なんてったって太陽ですからね♪想像通りの明るさを要素にもつ星です。

この満月は第2ハウスといって、価値や所有、持って生まれた才能、財産の増やし方などを司るエリアで起こり。つまり、自分の才能をアピール、それを活かしつつ財をなしていく!そんなテーマがピッタリなんです。

月の相を見るときに大切になるのは、あなたの月星座。生まれた時に月がどこにあったかで、あなたの内面を見ていきます。ですから、特に月星座獅子座さんには特別な満月です。

月星座が気になった方!こちらのサイトで調べてみてくださいね。

https://www.moonwithyou.com/

しかもイレギュラーな皆既月食

6日の部分日食に続き、この21日は皆既月食。イレギュラーってことは普通じゃないってことなので、天からのメッセージ色の強い現象とご理解ください。

細かい説明はやや専門的になるので割愛しますが、前述したように食を伴う月相は、とにかくパワフル!なのです。

残念ながら日本では見られませんけれど。

ちなみに、今年の天体スーパーイベントは、国立天文台のサイトで確認できます。

https://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/yoko/2019/rekiyou195.html

獅子座の満月に何をする?

満月の基本は感謝とデトックス(手放し)です。獅子座の特徴からすると、次のような内容を手放すのが有効でしょう。

  • 自己否定する癖
  • 過小評価しがちな性格
  • 人生を楽しめていない自分
  • 人前に出て表現するのが苦手 など

また、獅子座管轄の体の部位は心臓、血管、胴背部、自律神経などです。現在不調を抱えている方は、「〇〇の不調を手放します!」と天に宣誓しましょう。

★星読みのインフォメーション

ヘリオセントリックという、太陽を中心に天体を見ていく方法を、こちらから無料で学べます。とても直感的・感覚的なので、わかりやすいです。私はこの講座で星読みがより一層好きになりました。

よかったら進んでみて下さいね。

↑こちらをクリック
関連記事
1