toggle
2018-11-03

あなたのブレスレットは大丈夫?

朝のうちは寒くて雲が多めでも、お昼頃にはすっきりと暖かな晴天に。とても心地の良い日が続いていますが、みなさまいかがお過ごしですか?

今日は天然石のブレスレットについて書いてみたいと思います。

Angels’cafeでは、ブレスレットやピアスを完全オーダーで承っています。

お客様のお願いごと・お好きな色・ご予算を伺い、それらを総合して石のご提案をいたします。

その後デザイン案をいくつかお見せして、その中で選んでいただき…..、浄化と願い込めをしてお納めしています。

ありがたいことに、お納めした皆様は、ブレスレットとても大切にしてくださいます。制作者としてこんなに嬉しいことはありませんし、その後の素敵なエピソードをお聞かせいただくと、天にも昇る思いがします♪

しかし、残念なことにブレスレット(石)というのは、永遠の存在ではありません。お客様とブレスレットとのコミュニケーションが密であるほどに、どうしてもその寿命は短くなってきます。

水晶のネックレスやブレスレットをはじめておろして、その日のうちに(水晶が)白濁したという話を何度か聞いたことがありますが、それはさすがにレアケース….。

 

それでは質問です!

一般的にどのくらいたったら、作り替えた方が良いでしょうか?

 

答え

石の種類やカットなどで違いはあるものの「だいたい1年くらい」とご理解ください。

 

私がオーダーをいただいた時に必ず確認するのが、浄化用の水晶をお持ちかどうか、ということ。1日身につけていると、けっこうな邪気にさらされます。「その日の疲れはその日のうちに」取りたいもの。ですから、最も簡単な浄化方法として水晶クラスターをオススメしています。

帰宅後または1日の終わりに、ブレスレットのベッドとして置くだけ。大変シンプルです。水晶クラスターは、たくさんのいろんな方向に向いた水晶が集まっています。とがった先端からエネルギーが出ますので、大きいものですとお部屋の浄化などにも使えるんです。

その他、石の浄化にはクリスタルチューナーやシンギングボールなどの音によるものや、ホワイトセージの煙で燻すものなどいろいろあります。本格的にきっちりと時間をとってする感じですので、忙しいみなさまのデイリーケアとしては、不向きかもしれません。

こんなふうに浄化していて1年くらいですので、それを目安に作り直し、もしくは石交換などのメンテナンスをお考え下さいね。お作りになったところへお持ちになり、相談されると良いでしょう。

 

私どもAngels’cafeでも、リペアやパワーチャージなどを承っています。正に天然石のドックですね。この秋はご依頼が続き、昨日もちょうど納品してきたところです。

最近ですと、1つは昨年オーダーされたブレスレットのメンテナンスと石のグレードアップなどのご相談、もう1つは他で作られた方からのご依頼で、破損した石の交換と浄化。

ご了承を得ていますので写真を載せますね。

どちらもピカピカに生まれ変わって、お客様の元へ戻っていきました。

 

天然石を愛して下さる皆様。

どうぞ1年点検をお忘れなく!

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1