toggle
2018-12-15

石のお話〜アメシスト

こんばんは。Shihoです。

めっきり寒くなりましたね。

石のお話、第2回目はアメシストです。1回目同様、石の正確な情報をお伝えするより、感覚に訴える内容にしていきたいと思います。

アメシストは悲劇の少女の名前

アメシストという石は、こんな物語に由来します。

ローマ神話の酒神バッカス(=ギリシャ神話のディオニソス)が、ある日悪ふざけをして、最初に出会った人間をピューマに襲わせることにしました。運悪くはじめに出くわしたのはアメシストという女の子でした。

彼女の危機を知った月・狩猟の女神アルテミスが、ピューマから彼女を守るために、彼女を大理石に変えてしまいました。それを見たバッカスは申し訳なく思い、大理石にワインを掛けると紫色の宝石に変わったということです。

また、アメシストでできたワイングラスでワインを飲むと酔わないなんて話もあるそうですが、真偽のほどはいかに。。。

◆アメシストの特徴

  • 和名は紫水晶
  • 硬度7(参考:水晶は7)
  • 高い霊的波動を持つ石
  • カラーバリエーション:紫色のみ。ただし結晶により濃淡があり、ラベンダーカラーから濃紫まで。
  • 直射日光に長時間当てないほうが良い。
  • 浄化方法:月光浴・水晶クラスター・セージ
  • 対応する身体の部位:胸部・下垂体
  • 対応するチャクラ:サードアイ(第7チャクラ)
  • 繋がりのある大天使:ミカエル

チャネリングに欠かせない石

サードアイに働きかけてくれますから、直観が冴えます。「ほんと?」なんて疑いをもたないで、手にそっと握って、眉間の間の内なる眼を見てみてください。

面白いエピソードを1つ。

このブログを書きかけたのがおとといで、未完成のまま、翌日、石の講座に出ました。そうしたら、自分と繋がる最もふさわしい石として、まずアメシストが取り上げられて、びっくり。

ブログを書く時にも、チャネリングをして内容を選ぶわけですが、こんなシンクロがちゃんとあるんですよね。

まさしくアメシストとサードアイのなせる技。自分の中心と繋がると、こんな楽しいことがけっこう起こります。

天からの聖なる光のシャワーの色

私たちは天から降り注がれる宇宙エネルギーと、地球の中心から湧き上がる地のエネルギーとに支えられています。

天からの光のシャワーを可視化すると、白、ゴールドが混ざりつつも大半が紫色。つまり、アメシストの色なのです。これが、精神性や霊性が高く、守護の石といわれる所以ではないか、と私は思っています。

恋愛の石と言われますが、恋愛に限らず、大切な人との出会いのタイミングを教えてくれる、そんな石という印象。

いずれにしても内なる自分と繋がり、天と繋がり、そのエネルギーで自分をまるごとプロテクトすることに力を貸してくれますので、皆さんぜひ1つお持ちください!


関連記事
1