toggle
2018-11-29

石のお話〜フローライト

「《石のお話》をシリーズにしてお届けしたらどう?」と朝イチでガイドからメッセージがあり。。

私もお客様に石の意味を伝える時に、「石の事典」みたいなサイトには大変お世話になっていますが、そういう詳しい情報はそちらにお任せして、Angels’cafeでは超基本となるインフォメーションは押さえつつ、みなさまの感覚に訴える内容にしていきたいと思っています!

さて、第1回目はフローライトから。

 フローライトを知ってますか?

みなさんはフローライトという石をご存知でしょうか。

淡い色合いで、写真でみるとなんだかキャンディみたいですよね。人はギャップに魅かれる生き物で、この石も一見すると可愛らしいけれど、ものすごい実力の持ち主です。

*写真はターコイズとフローライトです。最近好きな組み合わせです。

それではフローライトのインフォメーションからどうぞ。

◆フローライトの特徴

  • 加熱や紫外線を当てることにより発光することから、和名を「蛍石」と呼ぶ
  • 硬度4(参考:水晶は7)
  • 強力なヒーリングストーン
  • カラーバリエーションが豊富(緑・青・紫・黄・ピンクなど)でバイカラーやレインボーカラーもある。色により得意分野が違う
  • 紫外線に弱い
  • 浄化方法:流水にくぐらせる・月光浴・水晶クラスター
  • 対応する身体の部位:目(視力)・耳・歯・松果体・下垂体
  • 繋がりのある大天使:ラファエル・ラジエル・チャミエル・ウリエル

このサイトにアクセスしてくださる方は、スピリチュアルにご興味がある方が多いと思いますので、ここではタロットカードを例にあげてみますね。

フローライトは大アルカナ9の隠者(Hermit)のイメージそのものです。

心静かに内なる旅を続ける感じです。心の平安が欲しい時、物事に集中したい時、フローライトはあなたを助けてくれます。やはり、このエンジェルタロットでは、精神の成長に力を貸してくれる大天使ラジエルが描かれていますね。

瞑想や内観のお供に、ぜひオススメしたい石のひとつです。

我が家ではアニマルヒーリングにも

*お断りをいれておきますが、アニマルヒーリングに石などの道具を使うことは、その動物の個性により誤飲などの事故がおこる可能性がありますので、残念ながら、必ずしもみなさまに有効とはいえません。もっとも安全なのは、レイキなどみなさまご自身の手によるヒーリングですので、どうぞその点をご理解くださいませ。

フローライトのご紹介の一環として我が家の例をお話しますと…..

我が家には猫が2匹おり、日常的にヒーリングをしています。

2匹とも石が大好きで、私が触っていると必ずやってきます。小さなタンブル(磨いた天然石)だと、器用に転がしてサッカーのようにして遊びます。

スリムな猫たちですので、人間でいう左右の肩甲骨の間にくぼみができます。そこに石を置いてチャクラヒーリングをしています。また、大きめの石を、猫の側に置いたりもします。

その際、使う石はグリーンのフローライトと決めています。

優しくも確実だからです。

また、フローライトは動物を守護し、癒やしをサポートしてくれる大天使ラファエルともリンクしますので、私は最適だと感じています。

なんで水晶を使わないの?と思われかもしれませんね。私もよく質問を受けます。間違いなく水晶は万能で素晴らしい石であります。実際に「石選びに困ったら、水晶をどうぞ」と言っていますしね。

しかしながら、水晶は強力な浄化力があるものの、木星と同じように「良きも悪しきも拡大・拡張する」性質も併せ持っていますので、病巣が活性化・拡大する懸念から私は使わない方向でおります。

因みに、チャクラヒーリングにはペンデュラムを使うことが多いですが、その際にも私は水晶を使わなくなりました。件の理由に加え、様々な干渉を受けにくい真鍮製を使っています。アニマルヒーリングの時には、木製の優しいものを使います。

瞑想のお供に

瞑想というと、ハードル高そうですか?

じゃあ、長めの深呼吸と考えて下さい。

毎日お忙しいでしょうが、吐く息に意識をむけ、長めの呼吸を続ける、そんな時間を持つようにすると、本当に気持ちがいいんですよ。なんていうか、これが高い利回り+確実な自分への投資となるのですから!!

それでも「時間ないよ」と仰るなら、バスタイムにどうぞ。お部屋にいる時にできそうなら、掌に収まるくらいの大きさのフローライトを一つお持ちになるのをオススメします!色はグリーンがいいと思います。普通の深呼吸でも素晴らしいですが、手に石を持つと更に効果的です。

このブログをきっかけに、あなたのお手元にフローライトが届くといいな。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1