toggle
2019-08-30

8月2回目の新月は2倍パワフル!

こんばんは。

朝晩、すっかり秋めいてきましたね。昨年は夏の間中エアコン付けっ放しでいた記憶がありますが、期間が短かったような。

さて、今日は久々にお月様の話をしましょう。

8月30日の乙女座の新月はブラックムーン

同じ月に2回新月があり、その2回目をブラックムーンというそうです。

同じ月の相でも、満月はまん丸で華やか、空に仰ぐことはできますが、新月は全く見えないので地味め。

しかしながら物事のはじまりですから、私たちの行動面から考えると、意識はしやすいはず。

しかも今回の新月は、乙女座に月、太陽、水星、金星、火星と5つ一緒にあるので、乙女座色の強い月の巡り。これは乙女座とはなんぞや、をチェックしておかなければなりませんね!

乙女座の特徴

12星座というのはそれぞれ特徴があり、一回りして人間の学びの物語が完成します。そのストーリーのうち、前半の6星座、牡羊座から乙女座までは「個人」としての人間の成長を表す章です。一つ前の獅子座では気持ちを外にむけて自己表現、することを学びましたので、その次の乙女座では、自分を律して、枠からはみ出さないように生きることを学びます。

そのため、自分は何をどうすべきかしっかり考えて行動、自分の立ち位置を客観的に見る、無駄なことはしないなど、地道に人生を歩むのが、乙女座のイメージです。

乙女座新月のリーディングをしました。

コレット・バロンリードさんのカード2種と、このブログではお馴染みのレベッカ・キャンベルさんのカードの、計3種類でリーディングしてみました。

あ、ちょっと余談ですが…..ドリーン先生のことについてよく聞かれるので、この場をお借りしてお話しておきます。

私はもともとドリーン先生のカードで学びましたので、当然ワークショップもドリーン先生のカードで行ってきました。みなさまご存知のように、「ドリーン先生のご事情」に変化がありまして…、私もしばらく様子を見ていたのですが、やはり、カードのエネルギーが徐々に変化するのを感じざるを得ませんでした。

何より、カードを使うリーダーに影響が出てきています。それが証拠に、私自身、自然と彼女のカードを使う回数が減って来ているんですよね。

ですから、ワークショップで使うカードも、これを機会にコレットさんのものに変更しました。彼女のカードは、ドリーン先生のとは全く違うエネルギーを放っています。決して初心者むけのカードばかりではないのですが、ある意味ではわかりやすいのです。

また、ドリーン先生以外の素晴らしいカードたちが、このタイミングでどんどん世に広められていくのは、素晴らしいチャンスだと私は思います。

前置きが長くなりました。それではリーディングを。

動物のスピリット

動物のスピリットとしては、カエルが出てきました。

カエルは変容の象徴として現れます。ここでは、不要なものを処分し、いつまでもそれらに固執しないことをメッセージとして伝えてくています。

乙女座は断捨離、片付け、整理、整頓が得意ですよね。しかもブラックムーンは通常の2倍のスタート力です。これまで躊躇があって、いつまでも握りしめてきたものを、この際手放し、あなたにとって必要なものだけ大切にすることを心がけてくださいね。

行動のカードたち

魂の奥にある、自分の本当の想いを理解してください。これまで、とても大切なことなのに、「どうせ無理」「私には難しい」となんとなく見ないようにしていたこと、ありませんか?

「なんだか気になること」というのは、あなたの奥底にある望みとリンクすることが多いです。ジャンヌダルクが描かれたカードのメッセージは「あなたは魂の声に応えていますか?」です。

それを達成するには、確かに時間がかかったり困難だったりするかもしれません。しかし、チーターが描かれたカードは「最後までやり抜く」というメッセージを私たちに提示してくれています。

つまり、「魂が求めることを最後までやり抜く」です。

このスタートダッシュの力が強い新月、しかもコツコツと努力を重ねることに力を貸してくれる乙女座にはぴったりではありませんか?

これからの満月までの2週間。しっかり地に足をつけ、自分の魂が求めるものを主眼において、進んでいきましょう!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1